詰備会参加記

会合参加記
05 /05 2017
5月3日、岡山で「詰備会」が行われました。
詰備会は年2回の交流会。今回はその参加記を書こうと思います。

岡山へは高速バスで行きました。
ゴールデンウイークということもあり、高速はかなり混んでいました。

岡山駅で上谷と合流し、そば屋で定食を食べ、いざ会場へ。
参加人数は15名ほど。大盛況でした。

会合では、デパートのプロ棋士特集を解いたり、今月号の自作である小学校25を解いていただいたり、
今年のアマレン杯握り詰作品を鑑賞したりしました。

デパートは、どの作品も素晴らしいですが、特に藤井聡太氏作が注目ですね。
小学校の自作は、皆さん結構悩まれていたようでした。
アマレン杯握り詰は、香車1枚でどのような合駒をどうやってたくさん出すかがポイントになりそうです。
握り詰創作は…大苦戦中です。


そして二次会へ。
二次会で鑑賞した作品が素晴らしかったので、紹介したいと思います。

竹村孔明氏・高谷祥敬氏作 (詰将棋パラダイス 2009/8 高校8)


桂馬の舞が美しい傑作。11手目の龍寄りが盲点。
こんな作品作りたかった!
半期賞を獲るかと思われましたが、次の作品が半期賞を獲りました。

則内誠一郎氏作 (詰将棋パラダイス 2009/8 高校9)


こちらも桂馬がテーマの作品。桂馬が成って元の場所に戻ってくる!
傑作です。


桂馬が戻ってくる作品といえば、こちらが記憶に新しいです。

柳原裕司氏作 (詰将棋パラダイス2014/7 短大3)


合駒で出した桂馬が成って戻ってくる。
大駒も捌ける傑作。
あの辛口解答者もAをつけたそうです。


この会合で、再び創作意欲が高まったように感じます。
いい作品が作れるように頑張ります!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Pathfinder

詰将棋のブログです。
リンクフリーです。