第33回全国大会参加記②

会合参加記
07 /22 2017
前回の記事の続きです。


休憩時間
14時頃、第一部は終了し、休憩時間。
藤井四段に「サインねだるのはダメ」、「ツーショット写真もダメ」
だったので、名刺を渡しました。
名刺には詰パラHPの懸賞詰将棋に採用された11手詰が載せてあり、
以前某プロ棋士に出題したところ頭をかかえて悩まれた作品なのですが…
藤井四段は図面を見て20秒もたたないうちに「なるほど」と一言。
…早すぎです。


解答競争
毎年恒例の解答競争。自分の結果は45点でした。
昨年は41点だったので、自分の力はこれくらいでしょう。
優勝はもちろんあの人。


クイズ百人位に聞きました
Aチームのリーダーに選ばれてしまった!
チームメイトは福原さん、武石さん。

出題された問題はこちら。
①「詰将棋の解答王といえばだれ?」
②「愛知県の詰キストといえば誰?」
③「詰将棋を掲載している新聞・雑誌といえば?」
④「詰将棋が盛んな都道府県といえば?」

①は全然わからなかったのですが、七條賞を加賀さんが表彰されて
いたので加賀さんと答えたら10点ゲット。
②は馬屋原さんチームを誤答させようと自分(愛知出身)を答えさせたら
まさか1票入っていて10点を献上。敵に塩を送る結果に。
③はホントにわからなくて困ったのですが、福原さん、武石さんの解答に
救われました。敵チームの谷川先生が強かったです。
④はパラ本誌でよく見る県を手堅く攻めていきました。
鳥取県が3位でびっくり。

結果はまさかの優勝。チームプレーのおかげです。


一人だけ一言
全国大会最多参加(29回)の金子さん、高見さんから一言。
最多参加記録はどこまで続くか?

記念撮影
参加人数は133人!
写真も1回では入り切らず、2回に分けて記念写真を撮影しました。



懇親会へ続く。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Pathfinder

詰将棋のブログです。
リンクフリーです。